2005年01月20日

空の話

あっちこっちで空の男とか紹介されてしまったのでここらで免許を取った時の話などを。

僕が最初の免許を取ったのは今から5年前の2000年。

アメリカはカリフォルニア州にあるトーランスという街で取りました。

 

 

写真はロサンゼルス国際空港

通称LAX

 

 

 

 

トーランスという街はロサンゼルス国際空港から南へ車で約20分ほど行った所にあります。

この街は日本企業もかなり多くその為、日本人もかなり住んでいるという街です。

当然、和食屋さん、日系スーパーなども多く英語も必要としない位でした。

 

おかげで英語は全く上達しませんでした(泣

僕の行っていた学校は教官も日本人でここでも英語は必要なくほんとに英語は話さなかったです。

でも当然試験はすべて英語で行われる為、非常に大変だった記憶があります。

唯でさえ苦手な英語なのに航空用語などはすでに

「異星人の言葉」

でした。

我ながら良くぞ取ったもんだと思っとります。

ここに来ている生徒さんもかな〜り濃ゆい人達ばかりでした。

も〜飛行機命!って人達ばかりでちょっと引きました…

ま、中には普通の人も居ましてその方達とは今でも仲良くやってます。

意外と生徒さんはおじさんが多いです。昔から飛行機は好きだったけど時間が無くて…でやっとお金も余裕が出来たから

いっちょやってみっか!てな感じの人が多かったですね。

一番最初に取る免許は日本語で自家用操縦士と言います。

どんなのに乗れるか簡単に言いますとレシプロエンジン一個のちっちゃい飛行機です。

よく遊覧飛行などに使われる4人乗りのセスナとかあんなんですね。

よく小さい飛行機のことをセスナと言う人が居ますがセスナと言うのはメーカーの名前です。

免許を取るまでには人にもよりますが大体50時間くらい乗ります。

半分以上は教官との同乗です。

初めてのソロフライトの時などは心臓バクバクで窓から飛び降りたい気分でした(死ぬけどね)

免許を取ったときなどはやはり嬉しかったですね。

しかし今でも飛行機に乗るときは怖いです。

「おいおいパイロットが怖いってどう言うこっちゃ!」って思われるかも知れませんが

僕は怖いと思っているほうが安全だと思ってます。

車と違ってブレーキを踏んだら止まるものでは無いので何かあってからでは遅いですから。

しかし海の中もそうですが空の上と言うのはやはり素敵です。

皆さんも来ませんか?空の世界へ!

書いてる事に収拾がつかなくなってきたのでこの辺でやめます。

好評だったらまた書きます(笑

【関連する記事】
posted by taka-kiss at 06:10| バンコク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕の知っている人は、『飛行機に乗ったら、絶対に墜落すると思え。そうすればいざという時に対処できる。』といつも言ってる人がいます。
Posted by かず。 at 2005年01月20日 14:10
絶対Asukalもとるぞ免許!取ったら空中戦ごっこしてね!
Takaちゃんはおにいちゃんなので撃たれて墜落する役ね、Asukalは良い役。ちゃんとキリモミしながら落ちてくれなきゃやだよ!
Posted by Asukal at 2005年01月21日 01:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。